アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
故人の供養の仕方について

日本では、古くから故人を供養する際には、お墓を作って先祖代々の供養をする慣習があります。
お墓はお寺の敷地内に建てられていることもありますが、現在ではお墓ばかりが設置されている霊園が全国各地に作られています。
霊園では、墓地を購入しお墓を設置するのが一般的です。
最近では墓用の石材も多様な種類のものがあり、自分たちの好みに合わせて作ることも可能になっています。
人が亡くなった際にはお墓に供養する前に葬儀が行われるのが一般的です。
葬儀は、家族や親戚などの他に、個人にゆかりのある人を招いて通夜や告別式のあとに火葬をするのが一般的でしたが、最近では家族だけで行う家族葬や、通夜や葬儀を行わず火葬だけで済ませる直葬など、葬儀のスタイルも多様化しています。

近年では、核家族化などの影響もあり、お墓を継ぐ人がいなかったり、子供にお墓の管理を任せて負担をかけたくないなどと考える人も増えてきています。
そのため、お墓を建てるのではなく、納骨堂や永代供養の需要が高まっています。
納骨堂や永代供養の場合は、自分たちで管理をする必要がないというのがメリットの一つです。
霊園の場合は、郊外にあることも少なくないですが、納骨堂の場合は利便性の良い場所に作られていることも多くなっています。
また、永代供養の場合は、お寺や管理会社の住職らによって定期的に供養をしてもらうことができますし、契約した期間が過ぎても合祀によって供養をしてもらえるのが人気の理由の一つになっています。

納骨堂や永代供養の場合は、お墓を購入するのに比べ費用を抑えられるというメリットもあります。
費用はそれぞれの施設によって異なりますが、永代供養の場合は最初に永代供養料や管理費などを含めた額をまとめて支払うケースが多く、月々の管理費はかからない場合が多くなっています。
納骨堂の場合は、月々の管理費がかかる場合が多くなっていますが、管理費を払い続けている限り使用できるようになっています。
ただし、納骨堂の場合も永代供養と同じように、一定期間を過ぎると合祀墓に移されるところもあります。
この他にも、最近では、経済的な理由や形式にとらわれない人も増えてきているため、散骨や樹木葬など供養の仕方も多様化しているのが特徴です。

オススメリンク

終活を行っている方におすすめの墓地選びならこちらから:心やすらぐ墓地の選び方ガイド【大阪版】

生きているうちに

田舎に住んでいる人であれば、住んでいる場所から比較的近い所に先祖代々のお墓があって、自分もいずれはそこに入ることになっているというケースが多いです。
しかし、都市部に住んでいる人の場合は…Read more

形式にとらわれないスタイル

現代社会は価値観が多様化している社会です。
たとえば、お墓のスタイル一つとってみても、形式にとらわれない斬新なデザインの物が少しずつ多くなってきています。
最近では、人間とペット…Read more

手配時のチェック項目

霊園で墓地の為の石材を手配する場合にはいくつかのチェック項目があります。
まず自分達の家で使う区画のサイズと、石材の高さの制限の有無の確認が必要です。
そして和式のデザインの墓の…Read more

関連リンク